会長挨拶

会長挨拶


2021~2022年度
彦根ロータリークラブ
会長 青木竺峰

1905年ポール・ハリス他3名によりシカゴでロータリークラブが設立され日本では1920年に米山梅吉等により東京ロータリークラブを創立されました。彦根では1952年に27名のチャーターメンバーによって、日本では85番目に創立されました。

ロータリーとは世界最大の国際的な人道奉仕団体であります。ロータリーの標語は「超我の奉仕」および「最もよく奉仕する者、最も多く報いられる」であり、高い理念を掲げています。

2021-2022年度の会長テーマを「明るく楽しいロータリーライフを」にしました。新型コロナウイルス禍で、どの程度クラブ活動が出来るか心配ですが、明るく楽しいロータリーライフを目指して活動していきたいと思っています。

ロータリアンの皆様の和を以て活動ができることを願っています。和を以て貴しとなすという言葉があります。また、和顔愛語という言葉があります。やさしい顔とやさしい言葉遣い、明るく楽しいロータリーライフを送りましょう。一人一人のご協力をお願いします。

奉仕とは、みんなのためになることが大切です。忘己利他という言葉があります。己のことを忘れ、他の人を助けることです。本当に他の人の為になることを心から奉仕しましょう。

温故知新という言葉があります。昔の物事を研究し吟味して、そこから新しい知識や見解を得ること。故き温ねて新しきを知ることであります。彦根ロータリークラブの歴史を学び、新しく刷新した活動が大切だと思います。

会長テーマ「明るく楽しいロータリーライフを」

コロナ禍だからこそ明るく楽しいロータリーライフを送りましょう。四つのテストを基本に活動したいと思います。ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。